スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSHでの暗号方式、RSAとDSAの違い メモ

まず、SSHで安全な通信を確保する手段として、「ユーザ認証」と「通信の暗号化」がある。


【RSAとDSAの違い】
・相違点1
RSAはこの2つをカバーしているのに対して、DSAは「ユーザ認証」しかカバーしていない。

・相違点2
暗号強度がRSAのほうが高い。

・共通点
どちらも公開暗号方式で実現している。


【結論】
現在では、RSAを使うのが主流である。



【余談】
SSHには、SSH1とSSH2の二つが存在し、SSH1は、「RSA公開鍵暗号」を使っていて、SSH2は「DSA公開鍵暗号」を使っていた。だが、RSAの特許が失効したため、SSH2でもRSAを推奨している。SSH2のほうが強力である。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

わかりやすい
プロフィール

小ライス大盛りで

Author:小ライス大盛りで
専門学校2回生

【取得資格】
・基本情報技術者
・応用情報技術者

【興味のある分野】
・情報セキュリティ
・Linux
・サーバ


情報セキュリティスペシャリスト試験に向けて勉強中。

同じような分野を勉強している方、ぜひ仲良くなりたいです^^

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。